Web会議の背景を無料で変えよう!種類や設定方法を紹介

Web会議

Web会議を行う時には背景を何とかしたい、という方は珍しくありません。
自室で会議に参加できるのは便利ですが、部屋の状態を観察されるのはプライバシーにかかわりますし、困ったものです。そこで今回はWeb会議の背景を簡単に変える方法をリサーチしてみました。

お金をかけずにWeb会議の背景を変更

Web会議で背景を変えるには、ソフトの機能を使用すれば簡単ですし基本的にお金もかかりません。
これからリモートワークでWeb会議に参加を余儀なくされている方は、前向きに検討してみるのがおすすめです。
ホームセンターで壁紙や目隠し用のカーテンを購入する必要がなく、お金も手間も掛からない方法となります。
利用方法も簡単ですから、IT機器に慣れていなくても使えますし、はめ込み合成のような大掛かりな設備も不要です。
具体的にWeb会議の背景を変更する方法は、会議用のアプリに搭載されている機能を使うものと、専用のソフトを活用する二つの選択肢があります。
いずれの方法も一長一短がありますので、自身にとって好ましい方法を検討していくことが大切です。 ただし二つの方法はいずれも、会議中にいきなり使い始めるのはおすすめできません。操作に慣れていないと失敗するリスクがありますし、会議の円滑な進行を妨げるおそれもあります。
そのため前もって設定方法をチェックしておくのがおすすめです。

Web会議の背景を変えてみよう

会議本番までに、各ソフトの使い方を覚えておきます。まずWeb会議ソフトを利用している場合は、搭載機能と確かめてみましょう。
ZoomやTeamsといった有名なソフトには、インストールされています。
使い方はソフトごとに異なりますが、メニューからクリック操作で呼び出せて、簡単に使えるようになっているものが多いです。
自分に着せ替えをする機能なども色々ありますので、会議中に失敗しないよう操作に慣れておくのがおすすめです。
また専用アプリも登場しているので、こちらも検討してみましょう。
機能が特化している分は高性能ですし、色々な機能が追加されているアプリもあります。
背景を切り替えるだけではなく、部屋にぼかし効果をかけたり、動画を背景にできるものも使い方次第では面白いでしょう。
なお専用アプリの場合は、ZoomなどのWeb会議ソフトとの相性がありますので、予め調べておきたいものです。
場合によっては対応していないアプリもありますし、どうにもうまく動作しないこともあります。

Web会議で使う際の比較ポイント

簡単にWeb会議の背景を変えられるソフト・アプリが多いですが、性能がまちまちで場合によっては残念な仕上がりになってしまいます。
特に多いのがAIによる人物認識がうまく行かず、身体の一部が切断されるような失敗例です。
多少なら良いのですが、全体が滅茶苦茶になると相手への印象は良くありません。
自社会議なら大丈夫でも、取引先やリモート面接を行うケースでは、痛手になることがあります。
特に症状がひどい場合には、別のアプリに切り替える方法や、カーテンを使って背景を単色にする方法を検討してみるのがおすすめです。
特に専用ソフトなら高機能なAIが備わっているため、上手く人物だけを認識できるかもしれません。
それでもダメなら緑一色のカーテンをバックに使うと、正確に切り取りができる可能性があります。
いずれも会議本番中や直前になって問題が判明すると手遅れですから、予め撮影状況を確認しておきましょう。
何種類か使ってみて使用感や正確さを確認しておくのがおすすめです。

まとめ

Web会議はこれからも重要性が増してくる可能性がありますので、この機会に操作や利用方法を覚えておくのがおすすめです。
現在は色々な機能が備わったソフト・アプリが登場しており、無料で使えるものが多いですから、一通り確かめておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました